お勧めの栄養補助食品について

今回は栄養補助食品についていくつか述べたいと思います。

栄養補助食品とサプリメントとの違いは何でしょうか?
現代人にとって「栄養補助食品」は今では
必要不可欠なもの(食品)となっております。
私たちが「サプリメント」と呼んでいるものは
「栄養補助食品」のことなのです。
サプリメントとは栄養を補助してくれる食品であり、
食品ではあるものの一般的な食品とは違いがあるといえます。
一体どんな違いかというと、
特定の栄養素が錠剤や粉末などに加工され、
手軽に摂取しやすいカプセルやタブレット錠になっているという点が挙げられます。
「栄養補助食品」とほぼ同義語で「健康食品」という言葉もあります。
健康食品というと、「栄養補助食品」(サプリメント)という表現と比較し、
形状がより食品に近い印象をうけます。
例えば、ビタミン、ミネラルなどの錠剤は「サプリメント」と呼びたくなりますが、
青汁やお茶系、発芽玄米の商品などは「健康食品」と呼びたくなるのではないでしょうか。
実際のところどちらも日ごろの食生活で不足しがちな栄養素を補給するための食品で大きな違いはありません。
結局「栄養補助食品」、「サプリメント」、「健康食品」が意味するものは同じであり、
商品の印象によって表現を使い分けているだけといえます。
実際、日本では健康食品に関する法律上の定義はなく、
広く健康の保持増進に資する食品として販売・利用されるもの全般を
「健康食品」とまとめて呼び、そのなかには「サプリメント」も含まれているのです。
日本では健康食品に関する法律上の定義はないために、様々なメーカーから同様な「栄養補助食品」が
横行しております。日本では有名で○○○社の例を挙げると、発売後20年を経過しているとのことです。
その会社のモットーは「安全性」を最重視。さらに「高品質」「低価格」を掲げ、
国のガイドラインだけでなく法律以上に厳しい独自の基準を設けており、
購入後のサポートも充実しており、医師、薬剤師、管理栄養士を常駐させており、
栄養補助食品の購入後のサポート体制も整えているとのこと。
様々な職種のメーカーが乱立しており、どこのどれを選んでいいのか迷っている人は
このようなサポートがしっかりしているメーカーの「栄養補助食品」をお勧めいたします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ