客間のエアコン

 私の記憶が確かなら、子供部屋のエアコンがかなり古かったので、
ダイキンのS22STESという機種に交換したことがあった。
なかなか使い勝手も良かったので、とても気に入って使っている。
今年は、一階の客間?にもエアコンを取り付ける予定なので、あたりはずれの
無い様に、また、ダイキンのエアコンを探しているところです。
 調べてみたら、昨年の後継機種で、S22TTESというエアコンが
あることが分かりました。
 調べて見る内に、益々、このS22TTESというエアコンが、我が家に
ぴったりと当てはまることにびっくりしている。
 我が家に合うS22TTESその壱は、「風ないス運転」
エアコンの風って本当に乾燥していて、冷風でも温風でも、好きな人は
あまりいないでしょう。当然、私も嫌いです。風が少なくて部屋の温度調節
ができれば、これは結構なことです。
 我が家に合うS22TTESその弐は、「9段階セレクトドライ」
除湿もカラカラになるまでしなくても、ということがままありますが、
この9段階セレクトドライで乾燥のし過ぎが防げます。
 我が家に合うS22TTESその参は、「長尺配管(20m)」
そうなんです、今回の取り付け場所は一階ですが、家の奥に在る部屋なので
室外機を置くスペースが取れずに、取り付けをあきらめていたのですが、
このS22TTESの長尺配管ならば、なんとかなりそうです。
 我が家に合うS22TTESその四は、「コンパクト室外機」
そう、これも先ほどの室外機の置き場所にも通じますが、室外機の置く
スペースも意外と場所を取るものです。
 どうでしょうか、こんな具合に、我が家の客間にも取り付けのできる
エアコンが登場してきたことは、やはり、テクノロジーの進歩と
言えるのではないでしょうか。
 S22TTESの取り付けが終わりましたら、夏でも冬でも
来客がオーケーということになりますね。
 ダイキンさんありがとう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ