S40TTEPなどの200ボルトのエアコン工事

みなさんこんにちは。今日はダイキンのエアコンS40TTEPについて色々書きたいと思います。S40TTEPは主に14畳くらいの広さのお部屋にビッタリな能力のエアコンで
ダイキンの中でも一番スタンダードなEシリーズのモデルとなっています。
このダイキンエアコンは単相200ボルト専用のエアコンとなっております。
通常の家庭の電気は、ほとんど100ボルトタイプの仕様となっておりますので
S40TTEPなどの200ボルトのエアコンをつけるためにはご家庭の電気の分電盤での電気の配線の切り替えと200ボルト用のコンセントの取替えが必要です。
これの工事はは、もちろん一般の人はやってはいけない事になっていて
免許を持った電気工事士の人が行います。
電気工事士は立派な国家資格で試験に受からないと電気工事士になることができません。
第一種電気工事士と第二種電気工事士の2種類があります。
第二種の電気工事士は主に一般用の電気工作物を扱えて
住宅や小規模の店舗などの電気設備を扱える資格です。
S40TTEPなどの200ボルトのエアコン工事はこの第二種電気工事士が扱う工事となっています。

第一種の電気工事士は、工場やビルなどの電気設備で
自家用電気工作物で最大電力500キロワット未満の需要設備を扱うことができる資格です。電気工作物とは般家庭や商業施設、そのほかの電気を使う施設で使われている電気設備のことをさしています。電気工事士の試験は年に2回行われていますが同じ年度で受けられるのは1回なので注意が必要です。
試験は筆記試験と技能試験があります。筆記試験はマークシート方式なので勉強しなくても少しは正解するかも知れませんが運だけで合格できる試験ではありません。
技能試験も問題から自分で図面を引いてそれを元に工具を使って施工します。

知り合いに第二種電気工事士の資格を持っている人がいて
S40TTEPなどエアコンの工事の依頼を請けると
ネットショッピングで注文したエアコンを取り付けに行くそうです。
ネットショップだとS40TTEPはこちらからボタンで簡単に注文して
早く手に入るので取り付けにすぐいけると教えてくれました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ