VIOラインの脱毛は案外羞恥心を感じる間もありません

脱毛の中でも受けるハードルが高いパーツがVIOライン、所謂アンダーヘアの脱毛です。
面積は狭くキャンペーンの対象になりやすいので金銭的には比較的受けやすい部分ですが、いくらスタッフは全員女性という脱毛サロンが多いと言っても、デリケートゾーンを赤の他人に見せる羞恥心がネックになります。
ですが実際にVIO脱毛を行なった人の体験談を見ると、案外気にならなかったという声が多いです。

確かに同性であってもデリケートゾーンを人に見せるのは恥ずかしいのですが、相手がその部分を気にすることはまずないですし、物理的にも話題的にも触れません。
スタッフの人達にも当然ついていますし、スタッフにとってはプライベートでも仕事でも、公私に渡って毎日みているものなので、気にもなりません。
その部分に対して何か反応することもないですし、相手が無反応なら羞恥心もあまりわかないものです。

VIO脱毛に関してはサロン側もしっかり配慮してくれます

また、VIO脱毛で羞恥心を感じる人が多いのはサロン側もわかっていて、無駄に喋らず手早く終わらせるようスタッフに指導しているところも多いので、VIOラインの脱毛面積も狭いこともあり、施術もすぐに終わります。
IラインとOラインは長くても10分程度で、Vラインはアンダーヘア脱毛としては範囲が広いので比較的時間がかかりますが、それでも20分と掛からないでしょう。

ちなみに私もピカリ脱毛でVIOを含めた全身脱毛のコースに通っていますが、最初こそ緊張して恥ずかしかったものの、スタッフさんがフレンドリーで徐々に緊張がほぐれてきたので、今はリラックスして施術を受けることができています。ピカリは料金面でも他店よりリーズナブルなのもメリットです。

VIOをセットで脱毛しても、脱毛前のカウンセリング含めデリケートゾーンを露出させる時間は1時間足らずですむことが多く、あれよあれよという間に進んで、羞恥心を感じる間もなく終わることも少なくありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ